スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お宮参り

お宮参り

1月31日の土曜日は、雪の降った前日とは打って変わって、爽やかな青空が広がりました
そしてその日は、近所の神社で二郎のお宮参り

二郎、一郎、二郎の両親(つまり私と夫)、二郎の祖父母(4人)、二郎の曾祖母の、総勢9人が集まりました

御祈祷が無事に終わった後、木曽路にてお待ちかねの会食
懐石をとったのですが、どれもとっても上品なしっかりした味で美味しく、量もたっぷりあって、皆大大満足
また、お宮参りと伝えてあったので、写真を撮って各家族に配って下さり、さらに金箔を施した御祝いのお造りもありました。
話や食事に夢中で、写真を撮るのをすっかり忘れ、慌てて撮れたのがこのたったの一枚

二郎も、皆に交代に抱っこしてもらい、終始ご機嫌でした

子供の御祝いに、こうして大勢の家族に祝福してもらえることに、心から感謝の一日でした

子供たちが、健やかに大きくなりますように





スポンサーサイト

カオリの思い出

kakori
2年前の2月頃、元気だった頃のカオリです。
前髪が長いので目が隠れてしまい、家の中でもしょっちゅう物にぶつかるので、前髪をいつもしばってあげていました。

子供のオモチャのそばに座るのが好きで、カオリが ”ふんわり” と座っている下には、何かしらのオモチャが隠れていました







小さい春み~つけた♪

梅

大寒を迎えて、毎日本当に寒いですね~(><)
そんな中、我が家の庭に小さい春、梅の花を見つけました(^^)/

庭には南高梅、豊後、十郎、白加賀の4本の梅の木があるのですが、十郎が一番に咲き始めました♪

まだまだ寒い日が続きますが、梅の花は咲いたし日も長くなってきたし、確実に春が近づいてきていますね(^^)
嬉しいです♪

お気に入り~ハニージンジャーミルクティ~

ハニージンジャーミルクティー
最近のマイブームはハニージンジャーミルクティです
寒いとき、リラックスしたいとき、ちょっと甘いものが食べたいとき・・・色々なときに大活躍です

淹れ方はとーっても簡単
私の場合は、マグカップに紅茶を一人分より少し多めに入れて、茶葉が隠れる程度(といっても、茶葉は浮いてしまうので、まあ適当に底から1㎝くらいまでかな?)に水を入れ、電子レンジ500Wで1分チーン
続けて牛乳を200ccくらい入れて、またまたレンジの飲物あたため機能を使って(1分半くらいかな?)チーン
そこに、たーっぷりの生姜のすりおろしをいれて、茶こしでこして他のカップに入れて、スプーン一杯山盛りの蜂蜜を入れればできあがり
あっという間にできるのに、紅茶を煮出したかのような味になる(と思う)のです
ここにシナモンを入れたらチャイになったのですが、パウダーだとどうしても表面に浮いてしまって・・・。
スティックにすれば良いのかな?

生姜は、温かくして摂取すると体を温めてくれるらしく、確かにこれを飲むと体がじんわりとポカポカしてくるような気がします(プラシーボ効果?(笑))
ま、病は気からとも言うので、プラシーボ効果だとしても良いか
ただし、私は生姜をたーっぷり入れても大丈夫なのですが、体調や人によっては生姜が胃を痛めるようなので量には要注意ですね。

母にも、喫茶店で飲む味と同じだと好評です

カオリ~我が家のアフガンハウンド~

麟とカオリ
我が家には、つい先日までアフガンハウンドのカオリがいました

カオリの毛はクリームドミノ(街では、シャンパンゴールドと言われたこともあります)で、とっても優しい笑顔の甘えん坊さんでした。

カオリは、私の子供(上の子=一郎)がうまれて家に来るまでは、子供が大大大の苦手でした。
お散歩をしていても、どこかから子供の歓声が聞こえると、ハタ!と立ち止り、くるっと踵を返して、人間を引っ張って一目散に家に向かって猛ダッシュ
そんなアフガンでした。

それなのに、一郎がやってきてからは、一郎のことが大好きに

一郎が寝ていると、やってきては顔をペロッと一舐めします。
一郎が寝ているところ、遊んでいるところにやってきては、横にぴったりくっついて寝転がります。
一郎が大泣きしていると、急いでやってきて、近くでソワソワ、ウロウロしています。
街で一郎と同じくらいの子供を見かけると、一郎と間違えて急いで近寄っていき、匂いをかいで、違うと分かるとプイッと離れます。

まさか、こんなに子供好きになるとは、誰も想像していませんでした。

私が次男を妊娠中、皆で「赤ちゃんがうまれたら、カオリがくっついて仕方ないだろうね~」と、出産予定日の11月に赤ちゃんとカオリを対面させるのを楽しみにしていました。

そんな中、予定日の2か月前の9月、急に体調を崩したかと思ったら、それから2週間くらいで、あまりにあっけなく虹の橋を渡って行ってしまいました。

4才の一郎は、今でもほぼ毎日、カオリの遺骨の前のお供えを自分から交換してくれます。
そして、「どうか、~の玩具がほしいです」とオモチャをおねだりしています。

カオリは、いつでも私たちと一緒にいます。
これから、可愛かったカオリのことも少しずつ綴っていきたいと思います。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

リリック

Author:リリック
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。